●「個人でできること」のなかで、これまでに参加したり、情報収集のためにチェックしている復興支援情報です(詳細は主催者のホームページにてご確認ください)。

がんばれ福島!「猪苗代湖ズ」

●猪苗代湖ズ
福島県で生まれ育ち、今は東京や横浜で暮らすミュージシャンとクリエイターの福島県人バンド。『アイラブユーベイビー 福島』を3月17日に録音、4月10日に配信シングルとして緊急リリース、利益の全てを「福島県災害対策本部」に義援金として寄付する。

●I love You FUKUSHIMA (動画) 箭内道彦の後輩であるCMプランナーの前田康二氏を中心とする、広告業界の有志により制作されたMVが公開された。俳優の阿部寛さん、荒川良々さん、笑福亭鶴瓶さん、小西真奈美さん、そして福島県出身の西田敏行さんも登場!

衣類・生活物資で復興支援

リファッション
東日本大地震の被災者に一般々および企業から集めた衣類と生活用品を救援物資として寄贈している団体で5年、10年と継続する覚悟で取り組んでいます。被災地に送らないものは主にチャリティー販売して現金化し、送料(ガソリン代など)や支援金に回し「残った衣類も決して無駄にしない」という姿勢がうれしい。

読み終わった本を送ろう!

booksforjapan
【BOOKS FOR JAPAN(ブックスフォージャパン)東日本大震災支援プロジェクト】

●運営:株式会社バリューブックス 0120-826-295 info@value-books.jp 電話受付:10:00~19:00 (日曜日のみ:10:00~17:00)
自宅やオフィスに眠っている本で被災地支援!
被災地に送る本とそうでないものを仕分けて、被災地向けでない本は換金のうえ支援金に。 電話1本で宅配便が集荷に来てくれます。

目的別支援・メルマガ・読み物など

★お手紙プロジェクト 被災地に「手紙」を送るプロジェクト。
★ふんばろう東日本プロジェクト家電やPCなどさまざまな支援を行なっている。
★日経ビジネスオンライン連載「震災に負けない人々」 ビジネス視点でみた被災地リポート。
★東北まぐ! メルマガ配信サービス「まぐまぐ」が毎月11日に発信するメルマガ東北情報。お取り寄せ情報なども。
★NPO法人 農商工連携サポートセンター元々農業を通じて地域の活性化に取り組んでいたNPO法人ですが震災後は被災地の農家とのネットワークを活かしてさまざまなイベントや情報発信をしています。
★元気メール年賀状 阪神大震災時の体験から、「手紙」で被災地と全国を結ぶ取り組み。窓口は神戸のNPO「アセック」(12月11日の記事を参照)。
★復興デパートメントハンドメイド品から産地直送品、伝統工芸品など、復興を目指す人たちによるさまざまなモノが集まる総合百貨店。

contact kuripro

メールはこちらから

Copyright (C) kuripro,

All rights reserved